クラビットでクラミジアを撃退!

細菌名:クラミジアトラコマティス

細菌名:クラミジアトラコマティス

性病のクラミジアは、クラミジアトラコマティスという細菌が引き起こす感染症です。もともとはトラーコーマという目の疾患でした。衛生環境の悪い土地で流行し、睫毛乱生症や眼瞼内反症を併発すると角膜潰瘍や結膜瘢痕が形成され易く、角膜混濁によって失明する危険もあります。日本ではもう殆どなくなった病気ですが、性感染症のクラミジアは、日本で最も感染者が多い性感染症です。

感染ルート

主な感染ルートは、感染者との性交で、粘膜の接触や精液や腟分泌液に触れる事を通じて感染します。また、オーラルSEXにより咽頭感染を起こす事もあります。

症状

男性と女性では症状が少し異なっています。男性が感染し易いのは尿道で、排尿時の痛みや尿道から粘りのある膿が出るケースもあります。これにより、尿道炎や精巣上体炎が起こりますが、膿もさらさらした形状で気づき難い事が多いです。感染しても症状が出ないケースもあり、一気に悪化して前立腺炎や血精液症を引き起こす事もある為注意が必要です。

症状

女性の場合は主に子宮頸管へ感染して、子宮頸管炎が起こり、おりものの量が増加するなどの症状が出ます。次第に腹腔内と入り込み、下腹部の痛みや性交時に痛みを感じたり、不正出血などの症状も起こります。

感染すると?

女性も症状が出難いケースが多く、感染したまま気づかずにいると卵管炎を併発し、不妊症や子宮外妊娠を誘発すると言われています。また、上腹部へ感染が広がった場合、肝周囲炎の危険もあります。

男女ともに、クラミジアに感染すると、HIVへの感染確率が3倍から5倍になる為、早期の治療が求められます。クラミジアに効く薬として、クラビットがあります。クラビットは扁桃炎や尿道炎等、幅広い炎症の治療に用いられたり、ケガや手術後の二次感染予防にも用いられる薬です。クラビットは抗菌作用がある抗生剤であり、クラミジアトラコマティスの増殖の元となるDNA複製を阻害し、菌を死滅させる効果があります。

pagetop

性感染症の基礎知識について

主な性感染症について細菌名:クラミジアトラコマティス

日本で拡大している感染

クラミジア感染者が増えている理由潜伏中に感染が広がる

治療方法

クラミジアを自力で治すにはクラミジアに効く薬一覧クラビットは性病に効く薬クラビットで細菌を死滅させるレボフロキサシンの特性アジーやバルトレックスも効果的アジスロマイシンの特性

体験談

まとめ買いがお得みたい(体験談)