クラビットでクラミジアを撃退!

潜伏中に感染が広がる

潜伏中に感染が広がる

性病のクラミジアは菌に感染してから症状が出るまで、1週間から4週間程の潜伏期間があります。菌の強さやその人の免疫力等によって差がありますが、標準的なケースでは1週間から2週間で症状が現れてきます。

感染ルートは主に、セックスです。菌に感染している人との性器や粘膜の接触のほか、精液や腟分泌液に触れた事によって感染します。また、オーラルセックスを通じて咽頭感染を起こすこともあります。一定の潜伏期間があり、直ぐに症状に気づかない為、パートナーに感染してしまうケースが多いので注意が必要です。

症状として、男性の場合にまず感じるのが、尿道のむずがゆさや微かな痛みです。また、排尿時に痛みを感じたり、熱気をもったような感じがあります。尿道から白っぽい分泌液が出ると、ようやく異常を気づく方が多くなります。そのほか、睾丸が腫れたり痛みを感じたり、排尿後もスッキリせず膀胱に違和感を覚えたり、射精した際に精液に血が混じる事もあります。

症状として、男性の場合にまず感じるのが、尿道のむずがゆさや微かな痛みです。また、排尿時に痛みを感じたり、熱気をもったような感じがあります。尿道から白っぽい分泌液が出ると、ようやく異常を気づく方が多くなります。そのほか、睾丸が腫れたり痛みを感じたり、排尿後もスッキリせず膀胱に違和感を覚えたり、射精した際に精液に血が混じる事もあります。

女性の場合は、オリモノの量が増えたり、黄色く悪臭を放つオリモノが出るようになります。また、生理中でもないのにオリモノに血液が混じったり、お腹が痛くなったり、頻尿になるケースも多あります。もっとも劇的に症状が発生するわけではなく、穏やかに起こる為気づき難いのが特徴です。特に女性の場合には生理不順と勘違いしやすく、感染が見逃されがちです。女性の8割は自覚症状がないとされています。放置すると、不妊症や子宮外妊娠の原因となるので注意しましょう。

症状

自覚症状がなくても自然治癒はしない病気です。気付かないうちに体の内部で病気は進行しています。いざ妊娠しようと思った時に、検査をしたら実は数年前にクラミジアに感染していて、妊娠が難しくなってしまったというケースも少なくありません。

早めに治療すれば薬の服用だけで完治できる病気です。最近は自宅で検査出来る検査キットもあるので、気になる点がある方は早めに検査をしましょう。

pagetop

性感染症の基礎知識について

主な性感染症について細菌名:クラミジアトラコマティス

日本で拡大している感染

クラミジア感染者が増えている理由潜伏中に感染が広がる

治療方法

クラミジアを自力で治すにはクラミジアに効く薬一覧クラビットは性病に効く薬クラビットで細菌を死滅させるレボフロキサシンの特性アジーやバルトレックスも効果的アジスロマイシンの特性

体験談

まとめ買いがお得みたい(体験談)