クラビットでクラミジアを撃退!

レボフロキサシンの特性

レボフロキサシンの特性

成分レボフロキサシンと聞いて分かる人は恐らく薬剤師か医師、服用の経験がある人くらいだと思います。この成分はクラビットという抗生物質のお薬の成分になっています。

「クラビットって何の病気に使うの?」と思うかもしれませんが、これはもっとも処方される機会が多いのが性感染症であるクラミジアになります。「それなら自分には関係ないや」と思った人もいるかも知れませんが、もしかするといずれ服用する可能性があるので少し詳しく説明します。

というのも、クラミジアは国内で感染している人が100万人を超えると言われていて、誰にとっても身近にかかりやすい性感染症の1つになるのでSEXしないのであれば最初に思った様に必要ない薬になりますが、そんな人は滅多にいないですよね?なので感染の可能性がある以上は知っておいて損になることはないはずです。

クラミジアは主に男性や女性の性器に感染することで炎症を起こしたり痛み、痒み、時には膿のような分泌物が出ることもあります。これは感染した場所に細菌が住み着いてしまい起こっている症状になり、からだの中に外部から不要なものを入ってきたことを知らせるシグナルあるいは防衛システムでもあります。

レボフロキサシンはその住み着いた細菌を殺菌してくれる働きをもっていると言われ、服用することにより体内で細菌が増殖する為に行うDNAが複製されてしまうことを防ぐことが出来ます。増殖を抑えることが出来る=細菌の死滅に繋がるとなるので、からだから細菌を取除いてしまうことができ感染症を治療することが出来ます。

レボフロキサシンの特性

少し難しい話になってしまいますが、この薬はニューキノロン系という抗生物質になります。この系統は従来まで使われていた抗菌薬とは異なることとして、抗菌力が強いことが特性となっているので病巣へ成分が移行するのもスームズだと言われているので少ない服用回数で感染症を治療できる様になっています。

また、抗生物質にもアレルギーを起こしてしまう人もいますがこの系統の薬はそんな人でも服用できるので服用する人を選ばないことも特性になります。副作用自体は少ないとされ起こるとすれば、
・発疹
・下痢

また特有の症状として、
・光線過敏症(服用中に強い日差しを直に浴びると皮膚が赤くなったり、水ぶくれができる症状)
などが起こるとされているので治療中に露出の多い格好で出歩くのは控えた方が良いかも知れません。

pagetop

性感染症の基礎知識について

主な性感染症について細菌名:クラミジアトラコマティス

日本で拡大している感染

クラミジア感染者が増えている理由潜伏中に感染が広がる

治療方法

クラミジアを自力で治すにはクラミジアに効く薬一覧クラビットは性病に効く薬クラビットで細菌を死滅させるレボフロキサシンの特性アジーやバルトレックスも効果的アジスロマイシンの特性

体験談

まとめ買いがお得みたい(体験談)