クラビットでクラミジアを撃退!

知っておきたい基礎知識

  • クラミジア感染者が増えている理由

    クラミジア感染者が増えている理由

    日本で一番多い感染症であるクラミジア。特に10代の間で感染が広がっていて、日本は女子高生の感染率は先進国ナンバー1です。その原因や、感染する場所、予防方法についてまとめてあります。正しい知識を持って、感染拡大を防ぎましょう。

    詳細はこちら

  • クラミジアを自力で治すには

    クラミジアを自力で治すには

    性感染症は自分で治せるのでしょうか?また風邪のように自然に治るのでしょうか?治療しなければどのようなデメリットがあるかをまとめました。自分だけでなく相手にも迷惑をかけるので、早めに治療しましょう。

    詳細はこちら

  • クラミジアに効く薬一覧

    クラミジアに効く薬一覧

    クラミジアにかかってしまった場合、初期段階であれば、まずは投薬での治療になります。どのような薬が種類があるのでしょうか?それぞれ特徴がありますので、自分に合ったものを見つけましょう。

    詳細はこちら

  • クラビットは性病に効く薬

    クラビットは性病に効く薬

    クラミジアの治療薬として有名なクラビットという薬についての説明です。様々な効果がある事から、常備薬として持っている方も多いようです。また、安く手軽に購入する方法も紹介しています。

    詳細はこちら

  • レボフロキサシンの特性

    レボフロキサシンの特性

    クラミジアなどの治療薬クラビットですが、どのような効能、作用があるかを説明します。また、服用の際の注意点、副作用などについてもまとめてあります。服用できない方もいるので、事前に確認しましょう。

    詳細はこちら

  • まとめ買いがお得みたい

    まとめ買いがお得みたい

    クラビットを通販で購入した人の体験談です。通販はまとめて購入したりするとかなり安くなります。定期的に購入する方には特にお勧めです。購入方法などをまとめています。

    詳細はこちら

性感染症とは

性感染症とは

Sexually=性によって
Transmitted=感染する
Diseases=病気
とされる性感染症(性病)は頭文字をとってSTDと呼ばれることも有り、男女のSEXはもちろんのこと、男性同士や女性同士のSEXによっても感染する感染症の1つになります。感染症には、飛沫感染、空気感染、接触感染がありますが、性病はこの内の接触感染になります。

通常の方法によって行われるSEX以外にも、
・オーラルセックス
・アナルセックス
・ディープキス
によっても感染する事もあり、感染者の粘膜に直接触れてしまう行為が感染を招いてしまいます。また、「トイレの便座に触れても感染するの?」、「お風呂で感染してしまわない?」と疑問を持つ方もいますが、性病の病原菌はどれも単独で生きることは出来ないので日常生活で感染してしまう事はありません。他にも性器を不潔な状態にしていたり、マスターベーションを行ったからといって自然に発生することもありません。

女性

性病についてのイメージは悪い事しかなく「風俗にいってるでしょ?」、「浮気したな?!」などと捉えがちですが、決してそんな事ばかりでは無く、前の相手から感染したまま気付かず放置していた等のことも考えられるので一般的なカップル同士で感染してしまうことは有りますし、誰にとっても性病は関係のあることになります。

性感染症の種類は多くここで全てを紹介するにはあまりにも多いので代表的なものを紹介します。
・クラミジア
・性器ヘルペス
・膣トリコモナス
・コンジローマ
・淋病
・梅毒
・エイズ
これらの症状はどれも細菌やウィルス、真菌(カビ)などを原因とするので、感染した場所に病巣をつくり分裂や増殖を繰り返すことで次第に体を蝕む様になっていきます。

最後に紹介したエイズは現代医学の力では完治させることが出来ない症状になり、他の症状も放置してしまうことでエイズへの感染率は3倍から5倍にも跳ね上がると言われ、どの症状も早期の治療が求められています。

相手へ感染させることで蔓延の原因になったり、男女ともに不妊の原因、あるいは妊婦さんであれば出生時に子供に感染させる原因にも繋がり、肺炎や失明をさせてしまったり最悪のケースは死に至ることもあるので、私たちの生活からSEXを切り離せない以上は定期的な検診や妊娠を希望しないのであればコンドームを使用するなどしなければなりません。

pagetop

淋病の症状

淋病(りんびょう)は、なんだか淋しい病気のようにも思えますが、決して淋しがり屋になる病気ではなくて男性でも女性でも感染する可能性がある性感染症の1つとされています。雨が降った時のことを想像してみて下さい。木の葉っぱの上に溜まった水はやがてポタポタ滴り落ちてきますよね?この病気はそんなイーメジから淋病と名付けられ、尿道が狭くなってしまうことでおしっこの出が悪くなり、ポタポタとしか出なくなってしまいます。

1984年にもっとも蔓延のピークを迎えていたと言われ、その後減少する傾向にあったものの1990年代に入ると再び増加しはじめ、他の性病であるクラミジアと同時に感染するケースも多いとされ、淋病の感染者の内、約20%から30%の人が同時感染を起こしています。感染のはじめの段階では男性は「アソコから膿が出てきた」や「痛すぎる」といった症状が現れ、女性は「黄色オリモノがたくさん出てくる」や「お腹が痛い」「不正出血してる」といった症状がみられると言われています。

性病についてのイメージは悪い事しかなく「風俗にいってるでしょ?」、「浮気したな?!」などと捉えがちですが、決してそんな事ばかりでは無く、前の相手から感染したまま気付かず放置していた等のことも考えられるので一般的なカップル同士で感染してしまうことは有りますし、誰にとっても性病は関係のあることになります。

性感染症の種類は多くここで全てを紹介するにはあまりにも多いので代表的なものを紹介します。
・クラミジア
・性器ヘルペス
・膣トリコモナス
・コンジローマ
・淋病
・梅毒
・エイズ

これらの症状はどれも細菌やウィルス、真菌(カビ)などを原因とするので、感染した場所に病巣をつくり分裂や増殖を繰り返すことで次第に体を蝕む様になっていきます。

最後に紹介したエイズは現代医学の力では完治させることが出来ない症状になり、他の症状も放置してしまうことでエイズへの感染率は3倍から5倍にも跳ね上がると言われ、どの症状も早期の治療が求められています。

相手へ感染させることで蔓延の原因になったり、男女ともに不妊の原因、あるいは妊婦さんであれば出生時に子供に感染させる原因にも繋がり、肺炎や失明をさせてしまったり最悪のケースは死に至ることもあるので、私たちの生活からSEXを切り離せない以上は定期的な検診や妊娠を希望しないのであればコンドームを使用するなどしなければなりません。

症状

症状

男性→強い痛みのある尿道炎、睾丸が晴れ上がる精巣状体炎。

女性→子宮頸管炎、悪化することで子宮内膜や卵管、腹膜などに病巣が広がってしまい、それぞれに炎症を起こす。
場合によっては感染の兆候が出ない人もいますが、感染から2~5日ほど経過すると上記の様な症状を起こすと言われています。

女性は特にこれといって特徴的な症状がみられないことから「生理前だからかな?」、「体調が悪いのかな?」程度に考えてしまい、実は感染していたなんて事もあります。

男女の生殖器以外にも共通して咽頭(ノド)や口腔(口の中)、目や肛門にも感染するとされ、いずれもSEXにおいて直接接触する可能性がある部位となるので、感染経路はSEX全般となります。なのでフェラチオやクンニリングスといったオーラルセックスや肛門を使ったアナルセックスなどでも感染してしまいます。

この病気はSEXができる年齢に達した人のみに関係があると思っていたらそれは非常に危険なことです。女性が妊娠中に感染したまま出産を迎えてしまうことで赤ちゃんにも産道と通る時に感染させてしまい大人の様な症状とは違い、最悪のケースでは死の危険も考えられます。

赤ちゃんが感染した場合

・失明
・関節に感染
・血液感染

新たに生まれてくる生命にも関わる病気となるので妊娠中の検査はもちろん、定期的な検査を受けるなどしてそれぞれが感染を予防しなければなりません。

淋病に有効な治療薬

クラビット(一般名:レボフロキサシン)
ジスロマック(一般名:アジスロマイシン)
・クラリスロマイシン(一般名:クラリスロマイシン)など

淋病の治療にはクラビットやジスロマックといった抗生物質が特に有効です。淋病は感染率が高く、症状もクラミジアと比較すると重いため早急な治療が必要です。

pagetop

クラミジアの症状

クラミジアってどんな病気??

国内での感染率がNo,1と言われている10~20代の若者に感染が特に多い性感染症と言われています。

このクラミジアの原因となっているのはクラミジア・トラコマティスと呼ばれる大きさが0.2~0.3ミクロンほどのとても小さな細菌が人の性器などに感染することで体に様々な症状を起こす様になります。

実はこの細菌は、もともとは眼科で有名な菌で目に感染すると激しい痛みを起こす結膜炎を発症すると言われていました。しかし時代が進むにつれて、日本の環境設備が整い水道水でも飲める時代になり、常に水が綺麗な状態を保たれているので目に感染してしまうことは殆ど無くなったと言われています。ですが、依然として男性や女性の性器には住み着いているので私たちが生活していく上で切り離すことは出来ないSEXで感染を起こしてしまいます。

どんな症状が起こるの??

男性と女性はからだの作りが違うので症状も男性と女性で異なります。

男性
尿道に感染することで尿道炎を起こし「痛い」や「かゆい」などを感じる様になり、場合によっては「用を足す時に膿のような白色の分泌物が出た」などが見られます。

女性
子宮頸管へ感染することで子宮頸管炎を起こしてしまい「黄色いオリモノの量が増えた」や「軽く出血している」などの症状が見られます。

男性

ここで注意が必要なのは症状が出るものの殆どの人は「性病に感染した」と自覚することが出来ず、その症状は軽いとされているので、この病気の特徴でもある「自覚症状がない」となり、悪化させてしまうことになります。

男性では半数の50%、女性は80%が無自覚となるので、悪化して耐えられないほどの痛みを感じて初めて病院にいく人もいるほどです。
特に女性の症状は生理の前や体調不良の時に起こる症状に似ていることから男性に比べ更に自覚することが難しいと言われています。

感染するのはペニスや膣だけ??

男女の性器へ感染することは勿論ですが、はじめに紹介した様に目に感染することはあり感染者の精液や膣分泌液が目に入ることで「結膜炎」を起こしてしまいます。また、フェラやクンニといったオーラルセックスによって咽頭(ノド)に感染してしまい発熱やノドに強い痛みを起こす「咽頭炎」や「扁桃炎」を起こします。数は少ないですが、肛門を使ったアナルセックスによって肛門やその周囲、あるいは腸に感染してしまうこともあります。

クラミジアに有効な治療薬

・クラビット(一般名:レボフロキサシン)
・ジスロマック(一般名:アジスロマイシン)
・クラリスロマイシン(一般名:クラリスロマイシン)など

クラミジアの治療には、淋病と同様にクラビットやジスロマックといった抗生物質が有効です。クラミジアは感染率が非常に高く、性行為を行わなくても感染する可能性があるため早急な治療が必要です。

pagetop

性感染症の基礎知識について

主な性感染症について細菌名:クラミジアトラコマティス

日本で拡大している感染

クラミジア感染者が増えている理由潜伏中に感染が広がる

治療方法

クラミジアを自力で治すにはクラミジアに効く薬一覧クラビットは性病に効く薬クラビットで細菌を死滅させるレボフロキサシンの特性アジーやバルトレックスも効果的アジスロマイシンの特性

体験談

まとめ買いがお得みたい(体験談)